Topics

【交流Q&A】キャンバス製品のお手入れ方法を伝授して!

2018.08.29

Q 
momoさん 

布地(キャンバス地)の鞄が好きで愛用しているのですが、使用していくうちに段々と擦れて白っぽくなってしまうのが気になります。気を付けて丁寧に使用しているつもりですが、特に色の濃いものは劣化が気になり始めるのが早いです。
革製品はキズやシミなんかも味が出て経年を楽しめるのですが、布製品は劣化したらお終いなのでしょうか?染め直しとか可能ですか?
布製品を何とか長くキレイに使用できるようなお手入れ方法を伝授していただけるとありがたいです。

 

answer_150_4.jpg

生産管理 瀧
ご質問いただきき、ありがとうございます。生産管理の瀧です。

おっしゃる通り、キャンバスのバッグはお使いいただく時間の経過に比例してだんだんと色が薄くなりますね。 角の部分は「特に何もぶつけていないはずなのに、なんで?」と私も思う時があります。革とは異なりクリームなどで補修ができないので、お悩みの点もお察しします。

原因が何かにもよりますが、気になるところを白い消しゴムで軽く擦ることによって汚れが落ちる可能性があります。(ただし、擦り過ぎには注意です!)また、染め直しについてですが、経年変化により色が落ちてしまった部分に再び染色をすることは、残念ながら弊社では承っておりません。お役に立てず、申し訳ございません。

汚れが付いた際に乾いた布で拭いたりブラシで払ったりと、こまめにお手入れしておくのが長くキレイに使うコツかもしれません。汚れをつきにくくする効果を高めるために、使う前に防水スプレーや撥水スプレーを全体に吹きかけておくという方法もあります。

ここからは私的見解になってしまいますが、キャンバスバッグも革同様に経年による変化を楽しむことにしています。かなりポジティブな見解ですかね(笑)当たりが出たところ、色が薄くなったところなどは、革やジーンズの経年変化に近いのではないかと思うのです。くたっと馴染んできた姿に味わいを感じることもあります。只今10周年企画で愛用品のエピソードと写真を募集している企画(※)も有りますので、ぜひご参加いただきご愛用の品とそれに詰まった思い出を教えていただけたら嬉しいです。

(追記:※こちらの企画の募集は終了いたしました。ご参加ありがとうございます。引き続き、店頭などでご愛用の様子をお聞かせいただけたなら嬉しいです。)

▼修理のご希望やお使いいただく上でのお悩みごとは、お問い合わせフォームよりお気軽にお尋ねください。

CLEDRANのアフターフォローについて

\ 質問募集中です /

デザイナー、生産管理、職人などなど、スタッフ総出でスタンバイ。質問に合った回答者がサイトにてお答えします!ブランドや仕事に関することはもちろんのこと、プライベートなお悩み相談等もOK。愚痴、疑問、ちょっと人に話したいこと…何でもお寄せください。

質問を掲載させていただきました際は、ささやかながら御礼の気持ちばかりにCLEDRANオリジナルハンカチをお贈りいたします。ハンカチをご希望の方は質問投稿フォームにてお届け情報の入力をお願い申し上げます。もちろん、ハンドルネーム(匿名)のみでのご質問も可能です。

<<ご質問はこちらから>>

▼これまでの質問&回答LIST

Q1.洋服は販売されないのでしょうか?

Q2.工房はどこですか?女性もいますか?

Q3.スタッフ着用服を詳しく教えて!

Q5.1番お気に入りのCLEDRAN商品は何ですか?


Illustration: Yamauchi Yosuke

profile

山内庸資

Yamauchi Yosuke

神戸・塩屋在住。平面作家として作品を発表しながら、書籍や雑誌、パッケージ・ロゴマークなどのイラストレーションも手掛ける。近年は展示の企画・構成などを担当する他、台湾・香港・韓国など海外でも活動中。

https://yosuke-yamauchi.org