Topics

OILED LEATHER SHOES

2017.05.12

鞄ブランドとしてお馴染みのCLEDRANですが、スタッフやリピーターさんから実は密かに人気を集めているアイテムが革靴です。フカフカとした気持ちの良い履き心地や、革靴は重たいというイメージを払拭する軽快な歩行感。そのキーポイントは、足に優しい素材使いにあるようです。

今回のTOPICSでは足どり軽やかになるCLEDRANのSHOESライン、「OILED LEATHER SHOES」の秘密に迫ります。

足入れをしてまず驚かれるのが、フカフカとした柔らかな履き心地です。初めて履く時からそんな優しい足あたりなのは、靴底に反発弾性ウレタンのインソールを配置しているから。インソールとしては極厚の2mm厚のウレタンが、歩行時の足裏にかかる衝撃を吸収。低反発のように優れた体圧分散性があり柔らかな感触ながら、高反発のようにしっかりと身体を支えて踏み込む力を地面へと伝えてくれる、絶妙な弾力を持つウレタンを採用しました。この素材は温度による硬さの変化がほとんどなく、四季を通じて心地よい履き心地なのも魅力の一つです。
(※製品のインソールは底面に接着されています)

軽い歩行感は、靴を裏返したアウトソールに秘密があります。軽量ラバーに波パターンで溝をつくることで、地面と接地面とのグリップ力を高めると共に、靴にまとわりつく水や泥を効果的に排出。雨上がりの濡れた地面でも路面をしっかりと捉える、滑りにくい構造です。また、踏み込みの際にはこの溝のお陰でソールがしなやかに屈曲。指の付け根のかえりが良く、軽快な歩行をアシストしてくれます。
さらに、このアウトソールとインソール間に、衝撃吸収をサポートする樹脂素材をサンドしました。空気を多く含み、軽さ・柔らかさを併せ持つこの素材が、クッション性をUP。蹴り出す際に柔らかく沈み込むから、どこまでも歩いて行けそうな軽やかな履き心地を体感できます。

靴は消耗の激しいアイテム。気に入った履き心地でも、数年でお別れしなければならないのは寂しいものです。その点、お手入れ次第で自分だけの一点に育てられたり長く愛用できたりするのはレザーの醍醐味。「OILED LEATHER SHOES」シリーズでは、アッパーに柔らかなオイルドレザーを使用しています。本革ならではの風合いや、丁寧に鞣した牛革に油分を染みこませることで実現した、魅力的な色合い。のっぺりとした顔料感はなく、革の自然な表情を残しているから、使い込むとしっとりとした艶が出てきます。バーガンディのような赤味のあるBROWN、時と共に深みを増すCAMEL…履く人の装いや個性にすっと寄り添うような色合いを揃えました。
また、一般的な靴よりも革に厚みをとることで、型が残りやすく履くほどに自分のシワに。それがさらに、軽やかな歩き心地へとつながっていきます。裏地がなく、自分の足型に馴染んでいってくれるのも愛着が湧くポイントです。

こんな履き心地を体感できる「OILED LEATHER SHOES」シリーズには、ローカットからブーツ、サンダルまで多彩なアイテムがラインナップ。MサイズとLサイズの他、足が小さめな方向けにサイズ調整用のインソールもお取り扱いしています。
丸みのあるトゥが愛らしい「LACE」や「MID」、ストラップ付きで上品な雰囲気の「NARROW」、メンズラインクなコーデにもはまる「OXFORD」、パンツにもスカートにも好相性のブーツ、ラフになりがちな春夏スタイルに程よい抜け感をプラスしてくれるサンダル……フルラインナップは、オンラインストアのカテゴリ「SHOES」またはシリーズ「OILED LEATHER SHOES」でご確認いただけます。あなたに似合う一足がきっと見つかるはずです。

every season

足の形、歩き方のクセ、お手入れ方法…はじめは同じ名前を持つ製品でも、履く人に合わせて個性が出てきます。お店にお越しくださった際には、スタッフの足元を眺めてみるのも面白いかもしれません。
また、CLEDRAN店舗で可愛らしい小さな靴を見かけたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?ディスプレイ用と思われることも多いのですが、きちんと製品としてお造りしています。小さな大人ではない子ども。脱ぎ履きしやすく履き口にジッパーやホックを付けるなど、キッズならではの造りです。もちろんこちらも、初めての革靴に相応しい優しい履き心地。親子でお揃いを楽しめます。
ぜひ店頭でお試しください。

SHOES一覧(CLEDRAN ONLINE STORE>カテゴリ>SHOES)

CLEDRAN 直営店舗一覧