Topics

thanks! | the craft factory WORKSHOP vol.9

2019.07.25

既に毎年の恒例行事となりましたCLEDRANのカゴワークショップ。
今年もたくさんの方が参加してくださり、手作りの愉しみや難しさを感じながら和気あいあいとした雰囲気でオリジナルバッグを作られていました。
そんな愉しそうな雰囲気を羨ましく思いながら、参加した気分も感じつつ取材したスタッフのレポートです。よろしければご覧くださいませ。

バッグの形はすっきりシンプルなスクエア型と柔らかな曲線を描く扇型。

色は、優しい色味の「NATURAL」落ち着いた色味の「BROWN」のお馴染みの2色に加え、今回初カラーとなるシックな「LIGHT BLACK」の3色展開。

持ち手は、手持ち・斜め掛け・肩掛けなどから自由に選べる4種類を、色も、CAMEL、BROWN、BLACK、RED、GREEN、NAVYの6色ものカラー展開でご用意しました。

今回は持ち手のカラーと同じ種類のレザーチャームも加わり、より豊富な組み合わせでオリジナルのカゴバッグを作れるようになりました。


会場に入ると、まずはカゴバッグの本体と持ち手を選びます。意外とここが最初の難関なんです。

皆さん、家でカゴバッグの形、色をあらかじめイメージしてから来てくださっていましたが、いざ実物を目にすると「やっぱりこっちの形がいいかも・・・」「ショルダーの方が使いやすいかな。」「どんな洋服に合うかしら?」「去年はこの形と色にしたから、今年はこっちかな・・・」等、見れば見るほど悩んでしまう様子。

自分だけのオリジナルカゴバッグで過ごす夏を思い浮かべながら、昨年よりも増えたバッグのバリエーションを前にワクワクと悩みは尽きないようです。

スタッフと相談しながら、鏡で合わせながら、お友達と相談しながら・・・じっくりと吟味して選んでいます。

たくさん悩みながらも、ご自分に合った色・形を選んでいる参加者の方々。優柔不断な取材スタッフは、皆さんのセンス光るパーツ選びを見るたびに、「なるほど、この色もいいなぁ。」「あ、こっちの方も可愛いかも・・・」と目移りしてしまいました。


本体とパーツを選んだら、バッグ作りの開始です。

昨年も参加してくださった経験者の方々は、製作の流れが分かっているので、サクサクと進めていきます。初参加の方は、少し戸惑いながらも、スタッフの丁寧なサポートにより、ゆっくりとでも確実に作業を進めています。

手作りが好きでご自分でもモノづくりをされる方、手作業は苦手でも、ワークショップに興味を持ってくださった方、どんな方でも一緒に楽しめるのがワークショップの魅力です。

持ち手を付けて、最後の仕上げはオリジナルのチャーム作り。ここでも皆さん、ひと悩み。完成したバッグに照らし合わせながらチャームの色を選び、ドンッとカシメを打って完成!でき上がったバッグを愛おしそうに眺めている姿を見ると、スタッフも嬉しくなります。


出来上がったバッグを持って、今度は撮影会の開始です。

店舗に降りて完成したばかりのカゴバッグを皆さんカメラでパシャリ。実際にお店にディスプレイして他のクレドラン商品と並ぶ様子を撮ったり、ご自分で作られたカゴバッグを持って記念撮影をしました。

「この夏はこのカゴバッグで過ごします!」「難しかったけど楽しかった。」等お言葉を聞くことができて、取材スタッフもとても幸せな気持ちになりました。

参加された方はお友達や家族とご一緒に来られたり、「毎年1人で参加しているんです!」という方も。お一人でも複数人でも、同じ机の上で作業を始めると自然と話が弾んだり、協力したりできるのが醍醐味ですね。

職人が丁寧にサポートいたしますので次回もぜひ、ご参加をお待ちしております!


作った鞄の修理やお手入れの相談などは、いつでもご参加の店舗にお尋ねください。

ワークショップをお手伝いさせていただいた店長もお待ちしています!

できあがったカゴバッグが、どんな日々を一緒に過ごしているか、どんな風合いになっていくか、お店やSNS「#cledran_workshop」でシェアしていただけたら嬉しいです。

これからも、ものづくりのワクワクを体感できるイベントを企画しますので、ぜひお楽しみに!