Topics

thanks! | the craft factory WORKSHOP vol.5

2017.06.29

今年もカゴバッグワークショップの季節がやってきました。
第5回目を迎えたthe craft factory WORKSHOPは例年通りの大阪に加え、初めて東京でも開催!長らくいただいていたリクエストに、ようやくお応えすることができました。

どんなカゴバッグが生まれるのか、スタッフも楽しみにしていたこのイベント。ご参加くださった方への感謝と興味を持ってくださった方へのご報告を兼ねて、そんなワークショップの様子をリポートします。

 

ワークショップ各回を通して特に好評をいただいているのが、材料選びからオリジナルを追及できる自由度の高さ。その年によって少しデザインやカラーが変わるので、その年だけのオンリーワンバッグ作りが叶います。今年は数種類のバスケット本体の他、写真のようなパーツをご用意。色も形も多彩なパーツの数々から、ほんの一部をご紹介します。

1.持ち手…ハンドルorショルダー、カラー、幅、長さ、ベルト穴の数に至るまで、そのデザインは多種多様!使い勝手やルックスなど、重視するポイントはあなた次第。
2.金具…バッグとして形作るために欠かせないものの、デザインや好みに合わせて用意するには苦労する金具たち。日頃からハンドメイドに親しんでいる方も満足のバリエーションを揃えています。
3.レザーパーツ…ポイント使いや色遊びをすることでグッとオリジナル感UP。


ワークショップで使う数ある道具の中でも、その扱いに緊張される方が多いのがハンマーです。使い慣れていないと「金具と一緒に自分の手を打ってしまわないか…」なんて不安になってしまいますよね。そんな方も経験豊富なスタッフがすぐそばで見守っているのでご安心を。ご用命があれば代理で打つことも承ります!
そんなカゴバッグ作りに登場する道具たちも、ちょっぴりご紹介。

1.蝋引き糸…ロウでコーティングされた頑丈な糸。ハンドステッチに使うと温かみのある味わいに。
2.ハトメ抜き…持ち手などを取り付けるための穴をあける道具。ベルト穴の数も増やせます。
3.カシメ打ち棒…丸い留め金具に当て、上からハンマーでカンカン!先が丸く凹んでいるからカシメを潰さず取り付けられます。
4.ホック打ち棒…スナップボタンを取り付ける時はこちらの棒を。
5.ハンマー…主に鞄作りでは様々な打ち棒とセットで使います。真上から真っ直ぐに打つのがコツ◎
6.キリ…穴を開ける場所の印付けや、カシメを鞄に差し込む際に活躍。レザーカバーは職人お手製。
7.ニッパー…一度打ち付けたカシメを取り外す際に使う道具。革や鞄を傷付けないよう慎重に。


元々ものづくりの楽しさを知っていただきたいという想いで始まったこのワークショップ。多彩な材料、道具、専任スタッフのサポートを元に、思い描いた理想のカゴバッグを自分の手で形にすることできるのが何よりの魅力です。
作りたいバッグをイメージして来られた方も、そうでない方も、バスケットを掴んでは置き、パーツを見比べ、陳列棚と作業机を行ったり来たり。「う〜ん」と心の声を漏らしながら悩む表情はとても楽しそう。スタッフ自身参加者の皆さんから新しいアイデアをいただきながら、具体的にどんな作業手順になるか、パーツの使いどころ、形別の使い心地などをアドバイス。イメージを膨らませ形作っていくから、満足感もひとしおです。
作業が進む内に参加者の皆さんの間でも自然と「その色合わせ素敵!」「次はそのパーツにしよう!」なんて声があがります。和やかな雰囲気の中、ご自身のバッグだけでなく、バラエティに富んだカゴバッグたちの仕上がりも楽しみながら過ごされていました。


でき上がって終わりではなく、作った後も楽しさが広がっていく。そんな喜びに触れることが多くなってきたのは、5回分の時を重ねたからこそかもしれません。
以前のワークショップで作ったカゴバッグと同じレザーパーツを見つけて「いつの間にかこんなに味が出ていたんだ!」と嬉しい発見をされていたり、ワークショップ後にご自宅にある布でオリジナルライナーを仕立てるというプラスワンのアレンジをしたり…「前回は思いっきり自分好みにしたので、今回は友人のためのバッグを作りたくて」なんて方にも出逢うことができました。作る過程もさることながら、でき上がったものが彩る日々の中でも、ものづくりの楽しさを実感できます。

楽しみ、悩み、苦戦しながらも、うんと愛情の詰まったカゴバッグが完成したら、最後は記念撮影をしてフィニッシュ!ワークショップ会場や店舗内で、商品のようにセッティングをして皆さん思いおもいに撮影を楽しまれていました。そんな写真たちはInstagram「#cledran_workshop」のハッシュタグでご覧いただけます。個性豊かなカゴバッグ、参加した感想、当日の風景…。写真から伝わる楽しそうな雰囲気を見ては、スタッフ一同心を弾ませています。ご投稿くださった皆様ありがとうございました!

世界にひとつのオリジナルカゴバッグと、たくさんの夏の思い出ができますように! また皆さんとお会いできる日をお待ちしています。


全国各地から多くの参加者の皆さんとお会いできたことがとても嬉しく、スタッフとしても素敵なワークショップの時間を過ごすことができました。

そんなスタッフから、ここで一つ発表です。ご好評につき、大阪でのカゴバッグワークショップ、一日限りで追加開催が決定しました!「予定が合わずに参加できなかった~!」という方は、ぜひお待ちしております。


 ※全日程が定員に達したため、ご応募受付を終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございます!

■大阪 2017年追加開催

7月16日(日) 午前の回 11:30〜13:00 ※受付終了
  午後の回 14:00〜15:30 ※受付終了
  夕方の回 16:30〜18:00 ※受付終了
場所 クレドラン 大阪本店 2F
本町駅徒歩約6分/心斎橋駅徒歩約7分 [Google MAPへ]
路面店のCLEDRAN大阪本店にお越しいただいた後、スタッフがご案内いたします。

 

■募集要項

参加人数 1回のワークショップのご参加いただく人数、カゴバッグの数量には限りがございます。
※定員になり次第、募集を締め切りをさせていただきます。
参加費用 税込 12,960円 (材料費・参加費全てを含む)
お問合せ 06-4704-2261(平日10:00~18:00)

MAIL uchida@cledran.com
メールでお申し込みの場合には、以下3点をご記載くださいますようお願いいたします。確認後にスタッフよりご連絡いたします。

①ご希望日時(希望の回、時間帯)
②参加者様の氏名(複数の場合には参加人数分)
③ご都合の良い連絡先(お電話番号、ご都合の良い連絡時間帯)


(※お客様個人のメール受信設定によって弊社からのメールが届かない場合がございます。パソコンからのメールの受信制限をされている場合は、uchida@cledran.comの受信設定をお願いいたします。3営業日を過ぎてもご返信が届かない場合には恐れ入りますがお電話にてご連絡ください。)

担当 内田(うちだ) ・中道(なかみち)

 

一日限りの追加開催のため、参加人数に限りはございますが、たくさんの方にお会いできることをスタッフ一同、楽しみにお待ちしております!